japanese

種蒔き・庭の手入れ

真実の実エペソ人への手紙 第5章15-21節を読みましょう。神様は、わたし達がどのように時間を過ごすことを望んでおられますか?パウロが言う、悪い時代とは、どの様な時代なのでしょうか? 種を蒔く今日の聖句に静かに声に出して読みましょう。心にしっかりと刻み、一日を通して瞑想しましょう。 エペソ人への手紙 第5章15-16節“そこで、あなたがたの歩きかたによく注意して、賢くない者のようにではなく、賢い者のように歩き、今の時を生かして用いなさい。今は悪い時代なのである。” 種に水をあげるわたし達を取り囲む暗闇に必ず気付いているとは限りません。世界中がどんどん暗闇となりつつあります。素晴らしいことに、とても暗い夜にこそ星は明るい光を放ちます!暗闇の中にいる光の子の存在は、たとえ小さな存在であっても、神様を信じない人々に確信をもたらします。これこそが聖霊の役割と働きなのです。光となることを恐れないで下さい。 自分は光になれないと感じているかもしれません。あなたは何の影響を与えることもできない、と敵は信じさせようとするでしょう。幼稚園で歌った短い歌を覚えていますか? “わたしの小さな光。輝かせよう。” あなたは輝いているのです。悪魔が何と言おうとも、闇は光に打ち勝つことはできないのです。時間という膨大な財産が与えられていますが、無駄に使ってしまったり、最大限に生かさなかったりしてしまうことがよくあります。神聖に時間を管理するのはとても大切です。過ぎ去った時を取り戻す事はできません。今日だけではなく、一週間を通じて時間の使い方に注意してみませんか?主が与えてくださった豊かな時をどう過ごしますか?福音の更なる伝道のために使っていますか?あるいはキリストのからだの一部として周りの人々のため、世界中の人々のために使っているでしょうか?必要であれば、予定を変更しましょう。そして今日この御言葉について考える時、自分自身をしっかりと見つめて、時間の使い方に注意してみましょう。 実を結ぶ時間を最大限に生かしましょう。 結びの祈り今日、心に植えられた言葉が実生活で生かされるようにお願いしましょう。

種蒔き・庭の手入れ

真実の実エペソ人への手紙第5章11-14節を読みましょう。どのような警告が与えられていますか? 種を蒔く今日の聖句に静かに声に出して読みましょう。心にしっかりと刻み、一日を通して瞑想しましょう。 エペソ人への手紙第5章14節“眠っている者よ、起きなさい。死人の中から、立ち上がりなさい。そうすれば、キリストがあなたを照らすであろう。” 種に水をあげるあなたの生活や心について変わる必要がある部分を主に示された時、どうすれば眠っている自分を目覚めさせられますか?目覚めさせてくれるものは何ですか?一つ例を挙げるとすれば、毎日、そして一日を通じて、御言葉を実践し、その意味をじっくり考えるという事です。 本を読んだり、テレビを観ていて、眠くなり、すぐにでも眠りに落ちると感じることがありますね。また、自分では気付いていないのにウトウトとしてしまうこともありますね。霊的な眠りのからくりと似ています。とてもずる賢い敵に眠りに誘われることがあります。しっかり目を覚ましていたつもりが、次の瞬間、眠に落ちてしまうのです。騙されて眠りに落ちたくない場合、ヤコブの手紙が役立ちます。ヤコブの手紙 第1章22節にこう書いてあります。”そして、御言を行う人になりなさい。おのれを欺いて、ただ聞くだけの者となってはいけない。”(今、あるいは後で時間のある時にヤコブの手紙 第1章19-27節を読んでみて下さい。) これらの御言葉を心から聞き入れることができるよう主にお願いしましょう。 ローマ人への手紙 第10章17節で、パウロはこう説明しています。”したがって、信仰は聞くことによるのであり、聞くことはキリストの言葉から来るのである。” 暗闇を一掃するべき一番大切な場所は自分自身の心の中なのです。一日を通じて、御言葉という光を照らすこと、つまり神様の御言葉を心に留めておくことで暗闇に打ち勝つことができます。(詩篇 第119編11節) 今まで聖句を暗唱して心に留めておくのは困難だったかもしれませんが、今日から始めてみましょう。: 義の道を再び歩むのに、手遅れという事は決してありません。 実を結ぶ死人の中から目を覚まし、立ち上がりましょう。 結びの祈り今日、心に植えられた言葉が実生活で生かされるようにお願いしましょう。

Trust the God-process―神様のプロセスを信じる

習慣についてたくさん話してきましたが、本当のところ習慣とはいったい何なのでしょうか。この数日間で学んだことによれば、習慣とは、重大な必要を決まった行動によって満たし続けることです。習慣は非難されやすいものですが、実はこれも神様が作られたプロセスなのです。これを、神様のプロセスと呼ぶことにしましょう。これが次の文字に繋がります。Trust the God-process、つまり、「神様のプロセスを信じる」ことです。 創世記において、神様の創造のお話は非常に規則正しく、たくさんの良い習慣で満ちています。私たちはここで初めて、神様が新しい健全な良いものを創り出すために、プロセスをお用いになるところを見ることができます。親近感がわきませんか?神様にも習慣があったのです!この一つのお話の中に、神様は、素晴らしく良い習慣、続く習慣、人に助けてもらう習慣(アダムが動物に名前をつけました。また、人がひとりでいるのは良くないと、神様はエバをお創りになりました)、自分の功績を誇らない習慣(神様はその日ごとに、ご自分の御業みわざは良かったと評価されました)、そして、一週間に一度ただ安息あんそくするという習慣を、見せてくださいました。聖書を読みながら、良い習慣や、神様のプロセスを探し続けてください。そうすれば、あなたはきっとそれが神様からの贈り物だということに気づくでしょう。 私たちは、神様を信じなければなりません。また、神様がプロセスのうちにおられることを、信じなければなりません。神様は、何か素敵な新しいことを、あなたの人生に行おうとしておられるのです。ですから、健やかなアイデンティティを持ち(Healthy identity)、助けを求め(Ask for Help)、自分に優しくし(Be Kind to Yourself)、習慣を吟味して修正し(Investigate and Make Changes)、そして、神様のプロセスを信じましょう(Trust the God-process)。日々の良い習慣を作るプロセスは、私たちが神様に頼らなくていいように用いるものではありません。神様の助けがあるからこそできるのです。このように日々の行動の中で神様を信じていくとき、それは神様のプロセスとなるのです。反対に、神様の助けがないなら、どんなに最善を尽くしても、全て自力でしなくてはなりません。そのような神様なしでの行いをしていると、ふりだしに戻ってしまいます! 祈りましょう ―神様、生活の中で、私の習慣やルーチンを整えるのを助けてくださってありがとうございます。あなたがくださる力と平安と恵みなしには、私は何もできません。日々あなたに委ねられるように助けてください。アーメン。

種蒔き・庭の手入れ

真実の実エペソ人への手紙 第5章6節-10節を読みましょう。パウロは、わたし達に何をせよと説いていますか?かつては暗闇の中にいた、罪のために死んでいた、怒りの子であった、神様の敵であった、不服従で汚れた者であった、と書き綴っています。しかし今は、光となり、キリストの内にあり、またキリストもあなたの内におられます。イエス様ご自身がわたし達の内に住んでいる様に生きるなさい、とパウロは言っています。 種を蒔く今日の聖句に静かに声に出して読みましょう。心にしっかりと刻み、一日を通して瞑想しましょう。 エペソ人への手紙 第5章8節,10節“光の子らしく歩きなさい。そして、主に喜ばれるものがなんであるかを、わきまえ知りなさい。” 種に水をあげる聖霊は、あなたの中に、そして共にいて下さいます。それを信じて心に留めておくのは難しいことですが、ガラテヤ人への手紙 第2章20節が真実を語っています。あなたはキリストと共に十字架につけられ、そしてキリストとという光が、今あなたの内にあります。わたし達は光の子として、光の中を歩み、日ごとに成長し、そして神様に近づいていきます。 光になると言う意味について考えてみましょう。家庭や、職場で、真理と光となれる様に主にお願いしましょう。どんな風に見えるか想像してみましょう。どうすれば、もっと光輝けるでしょうか?どうすれば、あなた自身を小さくできますか?それは、ひとりではできません。主に喜んで頂けることを探しなさい、とパウロは言っています。パウロは救いの手を差し出そうとしています。注意して耳を傾け、意識して行動するならば、この教えをしっかりと心に留め、神様の恵みによって日々に生活に生かしていきたいと思うことでしょう。そうすることで、わたし達は光の子として歩み出すのです。 実を結ぶ光の子として歩みましょう。 結びの祈り今日、心に植えられた言葉が実生活で生かされるようにお願いしましょう。

Investigate and Make Changes―吟味して修正する

考えてみましょう ―私の習慣のきっかけは何だろう?どうすれば良くないきっかけを良いきっかけに変えられるだろうか?どんなルーチンにつながっているだろう?報酬は何だろう?それは神様が用意してくださっている物だろうか?

種蒔き・庭の手入れ

真実の実
エペソ人への手紙 第5章3-5節を読みましょう。
貪欲と偶像礼拝とは?これらの罪について、この節にはどの様に書かれていますか?どんな警告が与えられていますか?貪欲とは、他人の物を欲しがる事です。偶像礼拝とは、神様の代わりに他のものを崇めるという事です。何か変わる必要がありますか?

種蒔き・庭の手入れ

真実の実
エペソ人への手紙 第4章15-16節を読みましょう。
どのように成長するのか、また成長する理由についてパウロは何と言っていますか?