種蒔き・庭の手入れ

真実の実
エペソ人への手紙 第5章22-33節を読みましょう。
“キリストに対する恐れの心を持って、互いに仕え合うべきである。” という前句をふまえてこの御言葉を読み、夫に対する答え方や考え方について改める必要のある部分を示して下さるよう主にお願いしましょう。未婚の人は、知り合いの既婚女性の為に、この御言葉で祈りましょう。また、結婚するよう主に召された時に、このように心が備えられているように祈りましょう。

種を蒔く
今日の聖句に静かに声に出して読みましょう。心にしっかりと刻み、一日を通して瞑想しましょう。

エペソ人への手紙 第5章24節
“そして教会がキリストに仕えるように、妻も全てのことにおいて、夫に仕えるべきである。”

種に水をあげる
誰かに仕えることは、わたし達の文化には異質なものです。仕えることは、弱いこと、隷属すること考えられています。今日の世界には当てはまらないこと、別の世界、別の時代では必要なことかもしれない、と考えられています。このような考え方は真理とかけ離れたものです。仕えることは、聖書全体を通しての課題なのです。神様に、御言葉に、牧師や指導者に、夫に、雇用主に、そして昨日読んだように互いに、仕えることが求められているのです。

一日を通して、キリストに仕えるとはどういう意味か考えてみましょう。そして、もし主と話す機会があったら、周りの人、夫、兄弟姉妹、両親に対するのと同じ態度で接するだろうか、と自分自身に問いかけてみて下さい。

実を結ぶ
キリストに仕え、夫に仕えましょう。

結びの祈り
今日、心に植えられた言葉が実生活で生かされるようにお願いしましょう。



Categories: christianity, japanese

Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: