種蒔き・庭の手入れ

真実の実
エペソ人への手紙 第5章6節-10節を読みましょう。
パウロは、わたし達に何をせよと説いていますか?かつては暗闇の中にいた、罪のために死んでいた、怒りの子であった、神様の敵であった、不服従で汚れた者であった、と書き綴っています。しかし今は、光となり、キリストの内にあり、またキリストもあなたの内におられます。イエス様ご自身がわたし達の内に住んでいる様に生きるなさい、とパウロは言っています。

種を蒔く
今日の聖句に静かに声に出して読みましょう。心にしっかりと刻み、一日を通して瞑想しましょう。

エペソ人への手紙 第5章8節,10節
“光の子らしく歩きなさい。そして、主に喜ばれるものがなんであるかを、わきまえ知りなさい。”

種に水をあげる
聖霊は、あなたの中に、そして共にいて下さいます。それを信じて心に留めておくのは難しいことですが、ガラテヤ人への手紙 第2章20節が真実を語っています。あなたはキリストと共に十字架につけられ、そしてキリストとという光が、今あなたの内にあります。わたし達は光の子として、光の中を歩み、日ごとに成長し、そして神様に近づいていきます。

光になると言う意味について考えてみましょう。家庭や、職場で、真理と光となれる様に主にお願いしましょう。どんな風に見えるか想像してみましょう。どうすれば、もっと光輝けるでしょうか?どうすれば、あなた自身を小さくできますか?それは、ひとりではできません。主に喜んで頂けることを探しなさい、とパウロは言っています。パウロは救いの手を差し出そうとしています。注意して耳を傾け、意識して行動するならば、この教えをしっかりと心に留め、神様の恵みによって日々に生活に生かしていきたいと思うことでしょう。そうすることで、わたし達は光の子として歩み出すのです。

実を結ぶ
光の子として歩みましょう。

結びの祈り
今日、心に植えられた言葉が実生活で生かされるようにお願いしましょう。



Categories: christianity, japanese

Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: