礼拝とは

礼拝とは、神がどのような存在であるか、また神が私たちに何をしてくださったのかに対する応答そのものです。礼拝とは、その反応を声や体に表さずにはいられなくなるほど神に夢中になることです。時に神を礼拝するとは、ただ神に集中することです。心を静め、周りの人や物に気を取られない時間を見つけて、この世の誘惑も消え去ったなら、ようやく私たちは持てるすべての愛と敬愛の念とを神様に向かって注ぎ出すことができるのです。

大事なことは、神は完璧な、小難しい類の礼拝の儀式を求められてないということです。あれもこれも全部しなければいけないわけではないのです。もしそう思っていたのなら、あなたは礼拝とは何なのかを履き違えていたということです。神は、まことの礼拝だけを求めているのです。

私たちは、神により深く集中し、神が私たちの人生において大小様々な形で現れ、働いているのが分かるようになっている必要があります。そうなると私たちは、ただただ礼拝して、「神様、ありがとうございます。あなたは本当にすばらしい御方です」ということ以外、何もできなくなるのです。礼拝とは、神がどのような御方でどのようなことをなされるかについて、そしてまた、そういったことに対する私たちの応答なのです。私たちが何か持ってきたり捧げたりしなければいけないものでも、私たちが満たされるかどうかというものでもないのです。礼拝は、私たちがどうこうというものではありません。礼拝はただ神のみなのです。



Categories: christianity, japanese

Tags: , , , , , , , , , , , ,

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: